本番なくとも風俗での意外に高い性病感染

性病で怖いのはHIV(エイズ)と近年ではサル痘ウイルスによる感染症も命に関わる問題とされています。これらも性病の一つでありますがインパクトが全く違う事で日ごろから注意されているかとは思いますが、それでも本番行為をせずとも性病の感染はしてしまいます。
特に風俗系では多くの病気が集約されるポイントでもあるので特に警戒が必要なはずです。

慣れた人では何か怪しい、違和感を感じたら即、性病薬の服用をして様子を見て通院の可否を決めるようです。
最近では自宅で出来る性病検査キットもありますが、症状が分かりやすい性病ならば良いのですが身体の違和感を感じるようならば、早めの検査も必要です。

気持ちいほどに風俗遊びは高い性感染リスク

性風俗産業は男性が女性から性的サービスを受けて代金を支払うのが一般的だ。だが女性が客として男性からサービスを受ける性風俗店が近年、増えているという。このような性感染経路もあるが、多くの場合は女性が感染ポイントとなっているようです。
男性から良く利用されるサービス形態としては「デリヘル」「ホテヘル」「ファッションヘルス」「ソープランド」「オナクラ」「風俗エステ」「イメクラ」「SMクラブ」「ピンサロ」「セクキャバ」などがありますが、実際に性行為が無くても性病感染の可能性があります。

以下で簡単に説明がありますが性病感染のリスクの基準としては、本番行為、性病検査の有無で大きく変わってくるでしょう。

デリヘル:性感染リスク高

デリヘルは無店舗型の風俗店で現在の風俗業界で主流になりつつある業種です。
正式名称は「デリバリーヘルス」で、電話で依頼を受けてお客様が待つ自宅やラブホテルなどに嬢を派遣します。キスやフェラチオ、全身リップ、素股といったヘルスプレイを提供します。

特に無店舗型の場合は嬢への管理がなく定期的な性病検査などもほとんどないと考えた方がいいでしょう。

ホテヘル:性感染リスク中

ホテヘルは「ホテルヘルス」の略称で、嬢はラブホテルにてお客様にサービスを提供します。内容としてはデリヘルと同じで、相違点としては「受け付け用の店舗」を持っている点と、お客様がホテヘルを利用する場合には、店舗で受付を行ってからホテルへ移動します。嬢嬢と一緒に連れ立ってホテルに移動するのが一般的です。

デリヘルと比べると受付店舗(看板)があるので、お店によっては性病検査などがある「かもしれません」。

ファッションヘルス:性感染リスク中

ファッションヘルスは、別名「店舗型ヘルス」「箱型ヘルス」と呼ばれることもある風俗店です。文字通り「店舗型」にカテゴライズされます(「箱型ヘルス」の「箱」は店舗を意味します)。

基本的に嬢の管理(性病)は定期的に行っているかと思います。
検査をやっていはいますが男性との接触回数は多い傾向があるので、それだけ性病に感染している可能性はあります。

受付と待合室、そして嬢がお客様と2人きりになる個室を備えており、嬢は個室内でお客様にサービスを提供します。

ヘルスプレイが基本で本番が無いのですが性病は本番が無くても感染する可能性はあります。

ソープランド:性感染リスク大

ソープランドは、店舗型の風俗店です。
性感染リスクは、本番行為サービスの有無にも左右されますが、単に本番行為だけよりもソープランドは嬢からの濃厚な接触サービス(接触)があるので、感染リスクは高めになると思います。
*ゴムをつけて単に本番行為だけで終了するよりもリスクは高いはずです。

浴室スペースの床に置いたエアマットの上で温めたローションを使って行う「マットプレイ」などは好まれるサービスでしょう。このようなサービスからの性感染はリスクが高いですが、定期的な性病検査を行っているはずです。

オナクラ:性感染リスク低

オナクラは、「オナニークラブ」の略称です。

基本的なコンセプトは「オナニー(自慰行為)を見られたい男性客が利用する風俗店」であり、嬢はお客様がオナニーする様子を観察します。
嬢が男性客のオナニーを手コキなどで介助するサービスも提供してたりしますが、粘膜接触はないのでリスクは低いです。

風俗エステ:性感染リスク低

アロマオイルを使ったリラックス効果のあるマッサージをメインに、性的なハンドサービス(手コキ)をプラスした風俗店です。サービス内容がオナクラ同様にソフトなので、同様に嬢との濃厚接触はないので性感染リスクは低となっています。

イメクラ:性感染リスク低~中

イメクラは、「イメージクラブ」の略称。嬢が「学生服」「ナース服」などを身につけ、男性の「イメージ(妄想)」に合わせてプレイを行うのが基本的なサービス内容です。

性感染リスクは本番の有無の違いでしょう。以前はファッションヘルスのような店舗を持っているのが一般的でしたが、現在では受付用の店舗を持つホテヘルのような形態で本番行為もあるサービスも多く見られます。

SMクラブ:性感染リスク低~中

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E4%BD%8E%E4%B8%AD.png

SMクラブは、「SMプレイ」を提供する風俗店です。
SMの専門的な知識や技術を持つ嬢が在籍しており、S嬢(女王様)に責められたいお客様やM嬢を責めたいお客様が利用します。
SMプレイでは、蝋を垂らしても熱くないロウソク、叩いても痛くないバラムチ、緊縛用の縄といった専用の道具が使用されます。こちらも本番行為の有無で変わってきます。

ピンサロ:性感染リスク中

ピンサロは店舗型の風俗店で、正式名称は「ピンクサロン」です。

店内には個室がなく、広いフロアにソファ席が並び、席はパーテーションや観葉植物などで両隣と仕切られています。嬢はソファ席に座ったお客様のもとに向かい、サービスを提供します。
とにかく各嬢の異なる男性との接触頻度が高いサービス形態ですので、それだけ感染頻度が高いと考えらえるでしょう。特に安価な花びら回転はリスクが高くなるでしょう。

セクキャバ:性感染リスク低

セクキャバは店舗型のお店で、正式名称は「セクシーキャバクラ」です。
セックス・キャバクラの略ではないので本番行為はなく、隣に座った嬢のサービスを楽しむことができます。セクキャバは厳密には風俗店ではなく「キャバクラの一種」という位置づけです。
射精のサービスは無いですがキス程度のお触りがありますので少なからず性病感染リスクはあります。

本番が無くても性病感染はする

性病の感染は「性器の挿入をしていないから大丈夫」「ソフトな風俗なら性病の心配もない」という事はありません。軽いキスなどでも粘膜の接触があれば感染する可能性があります。

この「粘膜の接触」が非常に重要なポイントで、粘膜は鼻孔、唇、耳、生殖器、肛門などにあり感染源となっています。

つまり、ソフト風速サービスでも粘膜の接触があれば唾液からでも感染する可能性があります。
性病のウィルスが含まれている粘膜が付いた肌から感染もするのでソフトなキスや肌を舐めたり、オーラルセックスでも十分に感染してしまいます。

タオルからでも性病感染する?!

性病のウィルス菌は熱に弱いので、性病患者と一緒にお風呂に入っても感染することは無いですが、入浴後にタオルを共有するなどでは、低い確率ではありますが感染する可能性があります。

ただし、毛じらみ(寄生虫)などは入力中でもお風呂場の椅子や床から間接的に感染する事があります。

浮気してないのに性病感染

性病は身体の抵抗力が弱っている場合などは特に感染しやすくなります。
ストレスなどにより免疫などの抵抗力が弱っている場合などでは、彼女は健康で高い抵抗力だと、あなただけが症状をだす場合があるなど、浮気を疑われたりするかもしれません。

感染経路1 オーラルセックス

オーラルセックスでは喉を介して感染が拡がります。フェラチオをしたとしましょう。男性性器がクラミジアに感染していた場合、相手の性器から自分の喉へ菌がうつることになります。

逆に、自分の喉がクラミジアに感染していれば、喉から相手の性器にうつしてしまう可能性があります。もちろん女性器を舐めるクンニでも同じことが起こり得ます。

オーラルセックスなら妊娠の恐れがないのでコンドームなしのことも多いはず。
それだけ感染する確率も高くなります。さらに咽頭クラミジアは無症状のことが多く、症状があっても風邪に似ているために、相手にも自分にも自覚なく感染を拡げていきます。

実際、性器がクラミジアに感染している人の10~20%が、喉からクラミジアが検出されたというデータもあります。

感染経路2 アナルセックス

性器と肛門が触れるアナルセックスでも、性器から肛門、肛門から性器へと感染します。
肛門は元々、性行為には適していない構造、生理なので容易に容易に傷つきやすいく、菌が入り子もいやすいとされています。肛門のすぐ上にある直腸の粘膜がクラミジアに感染して、直腸炎を発症することになります。最近ではサル痘は感染者は多くが男性で、同性愛者からの発症が多いとされている。

感染経路3 目への感染(結膜炎)

性器に触れた手指にクラミジアを含む体液がついている場合、そのまま目をこするなどの行為があると、結膜部分がクラミジアに感染します。結膜とは、まぶたの裏側や白目の表面を覆っている部分のことで、クラミジア結膜炎を発症し、充血したり、ネバネバした目やにが出たりします。

感染経路4 キス

唇が触れ合う程度のキスであれば、相手、もしくは自分が咽頭クラミジアだったとしても感染する可能性はほとんどありません。ただし、ディープキスのように舌を使ったキスではお互いの粘膜に触れることになるため、感染する可能性が高くなります。

感染経路5 妊娠中の赤ちゃんへの感染

出産時、子宮頸管等、母親の性器にクラミジア感染があると、赤ちゃんが産道を通るときに感染させてしまう可能性があります(母子感染)。生後しばらくしてから肺炎や結膜炎を発症し、ときに命にかかわることもあるため、出産までに完治させておく必要があります。

性病治療はパートナーと一緒に行いましょう

パートナーが感染していたら自分も早めに検査が必要で、自分だけ完治をしても更なる性交渉で再感染してしまいます。

性病は以下のような症状が見受けられますが、違和感を感じたらすぐに投薬で軽度なうちに早めに治療をしたいですね。

特徴 症状
梅毒 主に粘膜の小さな傷から細菌が侵入HIVとの重複多し
男性間でのアナルセックスでの完成率高し
約3週間程度で感染部位に米粒~小豆大の硬くて赤いしこりができる
性器クラミジア 男女とももっとも感染者の多い性感染症
感染者ダントツ一位
尿道の炎症により排尿痛、女性の場合は不正子宮出血や下腹部痛、性交痛
淋菌感染症 ここ数年で男性に急増中
喉からの咽頭淋菌も急増中
尿道炎から強い排尿痛、尿道から黄色い膿、女性はおりもの増加、頻尿、排尿痛
尖圭コンジローマ 性器周辺にとがったイボが密集してできる 性器~肛門にかけて鶏のトサカやカリフラワーのような薄茶色のイボが集中してできる
性器ヘルペス 一度ウイルスに感染すると潜伏し続け体調により発症を繰り返す。比較的女性に多い 陰茎、亀頭に水疱~潰瘍、女性の場合は外陰に水疱、破れると激しい痛みで発熱や排尿痛も
トリコモナス膣炎 トリコモナスという原虫が陰部に感染して発症、主に女性が感染 膣炎や外陰炎を引き起こし、悪臭をともなうおりものと強い痒み
B型肝炎 主に血液感染が中心だが性行為によっても感染することも
HIVとの重複多し
全身の倦怠感、食欲不振、黄疸という症状が一般的、中には症状がほとんどみられない方も多い

これらは感染者が多い、注意が必要な性病ですが、性器ヘルペスやトリコモナス膣炎は中でもセックス以外の感染というケースが多いとされています。
公衆浴場などで感染する事もあります。性病の菌は熱に弱いのリスクは低いですが、トリコモナス原虫や毛じらみなどは浴室の椅子や床などから移る可能性はあります。シャワーで洗ってから利用したり、サウナでも直接お尻が付かないように座る工夫が必要です。
または衛生状態の悪い便座に座ることでうつるのでかなり要注意です。

powered by 三越屋-個人輸入代行

タイトルとURLをコピーしました